MROCKS9

ニュース

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加



がんばれ!Victory×Caramel 2マンライブ、酸欠の渋谷CLUB CRAWL再び!




caramel.jpg
2016年4月22日、渋谷CLUB CRAWLにて「ヒップ☆アタック☆パニック!!~がんばれ!Victory×Caramel 2MANライブ!~」が開催された。前回の2マンライブから 5ヶ月、再び 対決する 2組。この日はどんなサプライズを見せてくれるのか。

無音のまま幕が開き、静かに佇む Caramelの 3人。この日は久しぶりに見るオリジナル白キャラメルの衣装である。会場は 3rdワンマンライブからの恒例の大歓声でハイタッチが始まる。1曲目は「tkmkセンセーション」のイントロが流れ、Vo.ルミが一発目の煽りを入れる。

「みんな今日はわかってるよね。前回を超える 2マンを、みんなで作るぞーー!!!」

一気にテンションを上げた MOHAYA Caramel(Caramelのお客さん)はタオルを回し、会場を回り始める。がんばれ!Victoryのファンの多くも、この時は MOHAYA Caramelに変身している。今日の MOHAYA Caramelは冒頭からトバすトバす。1曲目からリフトで飛んでいる。

2曲目は「スナイパーガールZ」。さらにテンションを上げまくり、キメでは全員で銃を撃ちまくり、毎回会場中に弾が飛び交うのはお約束。前回の 2マンライブで初披露した「PAPA&MAMA」では肩を組んで身体を揺らす。続く「Miss You&Love You」、そしてルミのハイトーンが映える「Lovers Moment」では共に手を上げ続けるルミと MOHAYA Caramel。ふと気がつくと、この日はここまでルミはギターを持っていない。前半、ルミはボーカルのみで勝負に出た Caramelであった。そして次の曲でも、ボーカルの勝負に挑んだ彼女達。曲は supercellの「銀色飛行船」をカバー。この曲も大切な1曲と語る彼女達、その想いを届けるように感情豊かに歌い上げるルミ。会場は身動きせずにその歌声に聴き入り、あたたかな空気に包まれていった。

ここでギターを持つルミ。Caramel後半戦の怒涛の攻撃が始まる。新曲(タイトル未定)のイントロに合わせて手拍子を打つ会場。リズムに入ると MOHAYA Caramelもその空気へと一転。大声、腕を上げるのは MOHAYA日常、ここでもリフトで宙を舞う MOHAYA Caramel。会場はいつもの Caramelのライブの世界、トランス状態に近づいていく。

「ラストスパートいけますかーーー!!」

と煽って始まったのは「恋愛少女」、続いて「恋愛少女2」。この流れに入ると、Caramelと MOHAYA Caramelは制御不能になっていく。大声を上げて飛び跳ね続け、隣同士の人と肩を組んで会場が一体となってヘドバンを見せる MOHAYA Caramel。会場全体を包み込むこの異常な熱量には、いつもながら圧倒される。そしてラストはトドメともいえる「ブラララビュー(仮)」。

「踊れるかクロールーーーー!!」

踊り狂いながら声を上げ続け、「モモちゃん」コールもすっかり板についてきた MOHAYA Caramel。そしてその熱気が渦巻く中、再びリフトにダイブと宙を舞う MOHAYA Caramel。後半の怒涛の攻撃を受け止め続けた会場、曲が終わった時、会場から「ハァハァ」という息遣いが随所で聞こえた。この時、会場は明らかに酸欠状態になっていた。まさに「or Die」である。

「ありがとうございまーす! これで Caramelだけの演奏は終わりです!」

と、ここでがんばれ!Victoryの Ba.しのぶ、Gt.れな、Vo.あやきを呼び込む。

「豪華なコラボやっちゃいます! やる曲は私が大好きな曲で、悩んでいた時にちょうどかかって、がんばれ!Victoryちゃんにがんばれって言われたこの曲です」

曲は「全力!スタート」。いつの間にか、がんばれ!Victoryファンに変身した MOHAYA Caramelも一斉に腕を上げ、大歓声でメンバーに拍手を送る。どちらのファンであるかは、 MOHAYA関係ない空気の中、演奏するメンバーも観客達も笑顔でコラボを楽しみ、2マンならではのスペシャルステージを満喫していた。


a.jpg
少しのインターバルをおき、がんばれ!Victoryの登場である。SEとともに登場するメンバーを手拍子と歓声で迎える観客。SEが終わると、生音主義を貫く彼女達のド迫力の演奏が始まる。大歓声の中、定番の「Wild Thing」が始まると、観客は大声で「ハイ!ハイ!」と演奏に応える。

「がんばれ!Victoryです! しまっていこーぜーーー!!」

この時既に熱気は最高レベル、1曲目「青春!ヒーロー」が始まると、すぐさま MAX状態に入り、掛け声とコールで叫び続ける会場。その興奮を続けて引っ張るように次の曲は「ろっく」。リズムのタイトさが素晴らしく、キメのブレイクのかっこよさは抜群。ミドルのリズムに乗って会場全員がヘドバンを決める、ロックナンバーのカッコ良さを十二分に味わえた曲だった。Vo.あやきも歌いながら頭を振り、Gt.れなはにこやかに会場に視線を送りながら演奏、Gt.みなみは笑顔を見せながらもブルージーなソロを披露、Ba.しのぶは身体を左右に揺らせてしっかりとグルーヴを作り出す、そしてバックで迫力のリズムを作り出す Dr.まゆこ。ロックバンドのカッコ良さを見せつけた彼女達が持っているもう一面である MCに突入する。

「皆さんこんばんはー! 私達、佐賀県出身絶対生音主義バンドルの『がんばれ!Victory』です! よろしくお願いしまーーす!!」

ここから定番のメロディに乗せた自己紹介の後、そして、Ba.しのぶ自ら「MCが長い」と告白しながら、年齢の聞き方、メンバーがこの日に着ていた、メンバー自身をモチーフとして Gt.みなみが作ったTシャツを今日から販売、でこ狭いトーク、などなど、目まぐるしく変わるテーマにも観客はきっちり反応。MC後は、話題となった Gt.みなみが作った曲「パレット」を披露。テンポのいい楽曲に会場はすぐさま熱気を取り戻し、大声でコールする。会場を引っ張るようなリズムに、エモーショナルなギターソロで往年のロックサウンドを彷彿とさせる曲であった。

次にしっとりと Vo.あやきが歌い始めたのは「サヨナラ」。ゆったりとしたリズムとメランコリックなメロディ、そして切ない歌詞が作り出す上質なロックバラード。会場はその演奏を一心に聴き入っていた。その後すぐさまアップテンポな「ボクラノミライ」に突入! 会場もすぐに声を上げて彼女達についていく。5人の演奏が作り出すどこか懐かしいハードロックなグルーヴ、これだけの音の塊を作るのは見事である。サビで会場は大合唱。その盛り上がりの中、再度MCに突入する。

いつもの君が交差点になる話題、ハイハットのバランス上げてなかった話題に続いて 7月の 4大都市ツアーの告知。7/2 福岡、7/9 大阪、7/10 名古屋、7/17 東京の開催となる。さらにMCは続く。さすがに長い。しかし観客はそれも楽しむ懐の深さ。4大都市ツアーにちなんで、 名古屋、大阪、福岡出身の方いますか話題、そのチケット販売中の話題、迷っていてもノリ的に手を上げましょう話題に続き、ようやく、次の曲は盛り上がります話題に入り、再度ロックな世界に空気を戻した。Led Zeppelinの Rock And Rollを彷彿とさせる「WONDER JOURNEY」に入る彼女達。会場も熱気を取り戻し、限界まで声を出し始める。ツインギターのハモりもきっちりと決める。

「それでは皆さん、次で最後でーーす! あ、最後じゃないやーー!」

ラスト「ラリラリラ」のハードロックなリフで会場の熱気を MAXまで上げる彼女達。それに応える会場も限界まで声を上げて腕を振り上げる。ポップなボーカル部分に対比するように、メインリフのバックで動かない Ba.しのぶのベースラインがハードロックぽさを上げる。そして会場はもはや押し合いへし合いの状態へ。ここでも会場はほぼ酸欠状態。狂乱の中、がんばれ!Victory単独でのライブはここで終了した。そして、さらにMCに突入である。

「お察しの通り、今の曲、最後の曲じゃないんですよ」

コラボにつなぐMCだが、やはり長い。フリも考えてた話題、持って行き方が雑な話題、お客さんからちゃんとして話題、なんとかマンの話題を経て、コラボの呼び込み。Caramelの 3人がステージに登場する。

「これで本当に最後になります・・・楽しんで帰れますか!!!?」

最後のコラボ曲は「スナイパーガールZ」。ボーカルはハーモニーも見せながら歌うあやきとルミ、モモとユウミはステージ上で踊りまくる。会場はこれで最後とばかりの盛り上がりでリフトで宙を飛び始める。ルミが会場に向かって最後の煽りを。

「さあみんな、ラスト思い切り声出せよーーー!!」

明らかに酸素が少なくなっていく会場で、観客は飛び跳ね、暴れ、(ある意味物理的にも)トランス状態に入っていく。最後は全員でのジャンプで 2マンライブを締め、メンバー全員で

「ありがとうございましたーーー!!」

と頭を下げ、酸欠 2マンライブは幕を閉じた。しかし、会場はおさまらない。「もう1回」コール、拍手が鳴りやまない。続く拍手に再度登場したメンバー全員。

「今日はこれで終わりなんですけど、絶対に3回目を開催しましょう! ありがとうございましたーー!!」

こうして2回連続で酸欠状態となったがんばれ!Victoryと Caramelの 2マンライブ。この 2組の組み合わせのライブの熱気は、何かがシンクロして生まれるものなのだろう。この 2組はこれからそれぞれが成長して力をつけていくことだろう。パワーアップした彼女達が再び出会う時、彼女達が絶対にやりたいと語っていた 3回目の 2マンも酸欠必至であろう。しかし、酸欠で見るステージと会場は、きっと素敵な光景になっているはずである。



Text: 大泉 繁





ヒップ☆アタック☆パニック!!~がんばれ!Victory×Caramel 2MANライブ!~
2016年4月22日(金) 渋谷CLUB CRAWL

●Caramel
01. tkmkセンセーション
02. スナイパーガールZ
03. PAPA&MAMA
04. Miss You&Love You
05. LoversMorment
06. 銀色飛行船
07. タイトル未定
08. 恋愛少女
09. 恋愛少女2
10. ブラララビュー(仮)
11. 全力!スタート(コラボ)

●がんばれ!Victory
01. 青春!ヒーロー
02. ろっく
03. パレット
04. サヨナラ
05. ボクラノミライ
06. WONDER JOURNEY
07. ラリラリラ
08. スナイパーガールZ(コラボ)





がんばれ!Victory オフィシャルサイト
https://ganbare-victory.com/
Caramel オフィシャルTwitter
https://twitter.com/caramel_149cm



2016年05月02日 21:25










南るみ


Play Da'魂

PAUL POSITION

赤い彗星の俺

OSSAN IS METAL

Facebookページ













(C)Copyright 2010-2019 MROCKS9