MROCKS9

ニュース

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加



URCHIN FARM、『CALENDER FILMS』7曲目「ホワイトベル」配信開始!




uf.jpg
2016年12月1日、URCHIN FARMによる Webアルバム『CALENDER FILMS』の 7曲目の配信が開始された。タイトルは「ホワイトベル」。ついに毎月配信も後半戦。期待の12月、URCHIN FARMが贈るクリスマスソングは、どんな世界を繰り広げるのか?

ヤバイ。ボーカルが入ってすぐ「うわっ」と声が出るほどヤバイ。きっと切ないラブソングで来るだろう、と期待と覚悟をしていたものの、それらを全て真っ白にするほどのこの Aメロの破壊力。ヤバイ。もちろん切ないラブソングはあたっていた。しかし、最初の一節で全てを URCHIN FARMの世界に引き込むその威力に、思わず声が出てしまったのだ。

「流れ落ちた 涙が 空に昇って 雪になる
 だから綺麗 なんだねと 君はいつも言ってたな」

URCHIN FARMのクリスマスソング。切ない世界が時間いっぱいに展開される。どんどんと寒さが増し、街には幸せな光景が至るところで見られる季節。しかし、ここで歌われている世界は。

「冬が好きな 君といた 12月のラストシーンは 雪が舞うんだ」
「何か思いついたら すぐ走り出す癖も
 気が付いたら 手招く君に 僕も駆け寄っていたっけな」

そう、過去形なのである。切ない。しかし、ここで描かれているのは哀しみではない。二人で過ごした日々を懐かしみ、思い出して過ごす主人公。そこには、主人公の中にある幸せな時間が確かにあった。

「想い出はずっと 解けないままで
 積もりに積もって 歩きづらいな 転びそうだ」

主人公がふっと微笑む姿までもが浮かんでくるようである。主人公は足元の雪を見ながら相手の目線を想像する。

「君の目に見えてるのは 雪かな 雪だろうな 雪だろうな」

「自分も同じだよ」という意味なのか、「そうあって欲しい」という願いなのか、主人公の本心はわからない。そして雪が舞う中、主人公はその想いとともに街に消えていった。

本格的な冬を迎える季節、クリスマスを迎えて街は様々な想いに溢れていく。クリスマス、雪、そして URCHIN FARMが贈る極上のクリスマスソング。この曲を聴きながらあなたの幸せな時間をもう一度思い出し、そして今の幸せを噛みしめて欲しい。

Text: 大泉 繁



●URCHIN FARMからの最新情報!

12ヶ月連続で配信を続けている『CALENDER FILMS』。この楽曲たちが 2017年春、ネット上で公開される短編映画とコラボレーションする事が発表された。毎月1枚ずつめくられていく季節と共に、楽曲に加え、映像も創られていく。先日、主演が山口真季さんに決定し、『CALENDER FILMS』は新たな展開を加えることとなった。映像と楽曲、そしてどんなストーリーが展開されるのか、期待に胸が膨らむ。詳細はまた追ってお届けしたい。



URCHIN FARM 12ヶ月連続無料配信アルバム
『CALENDER FILMS』
2016年6月1日~2017年5月1日まで毎月1日リリース

URCHIN FARMが贈る Webアルバム『CALENDER FILMS』。6/1から 12ヶ月連続、毎月1日に新譜が無料配信される。メンバーは 1年かけて楽曲を制作し、リスナーはその過程も楽しみながら完成されていく、新しい形式のフルアルバムである。アルバムタイトル通り、季節を彩る12のシーンを一枚ずつめくっていき、それを重ねていくことで、1つのフルアルバムを作っていく。

ダウンロードは下記サイトから!
http://newscript-inc.com/calenderfilms/

【URCHIN FARM】
 矢澤 壮太(Vo.G)
 師崎 洋平(G.cho)
 SHITTY(Ba.)
 浅野 智基(Dr.cho)




URCHIN FARM『CALENDER FILMS』特設サイト
http://newscript-inc.com/calenderfilms/
URCHIN FARM オフィシャルサイト
http://www.urchinfarm.info/



2016年12月01日 20:00










URCHIN FARM


Play Da'魂

PAUL POSITION

赤い彗星の俺

OSSAN IS METAL

Facebookページ













(C)Copyright 2010-2017 MROCKS9