MROCKS9

ニュース

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加



TSP、新譜「TRIBAL EVOLUTION」本日発売! インタビュー敢行!




a.jpg
昨年10月、新Vocalに STEVIEを迎えた「TSP」が、2017年5月24日、2年ぶりのオリジナル音源「TRIBAL EVOLUTION」を発売した。STEVIEが加入して初めての音源となった本作、その制作の過程や込めた想い、そして楽しみにしているファンへのメッセージについてインタビューを行った。新生TSPの決意と意気込み、音源を聴きながら読むとさらに楽しめるだろう。そして 2017年も、恒例となった「美女金」ツアーが開催される。ライブでの熱狂と興奮を心待ちにして欲しい。TSPはあなたの期待を裏切らないはずだ。



-今回のCDの楽曲に関するメッセージや聴きどころを教えてください
 まずは 1曲目「陰陽LIFE」はいかがでしょうか

[Shu] これは STEVIEが入ってから、STEVIEが歌う前提で作った曲です。これまでの曲よりもキーが高いところにあって。STEVIEはどこまでも高いところに行っちゃうんで(笑)。これまでにないレンジにある曲だと思います。

[STEVIE] 「陰」と「陽」に示されるように、人生観を表したような曲ですね。人生いい方面ばっかりじゃない、悪い方も含めて人生。それがないと回っていかないよ、ということを歌ってます。ずっと上り調子だとそれが本当に上っているのかどうかわからなくなるし、下がった時もそれはそれ、それも含めて進んでいこうぜ、っていう感じの世界観ですね。

-続いて「Departure」について教えてください

[HINA] この曲は元々自分が作ってストックしていた曲で、メンバーに 1回出したことがあるんですが、自分がイメージしていたキーは結構高かったんですね。その曲を低いキーに直してみたら、あまり良くなくて・・・ なので、その時この曲は出なかったんですけど、STEVIEが入って元のキーでやってみたら「いいんじゃない?」っていうことになって、世に出すことができました。前からある曲だったんですけど、STEVIEじゃないと歌えなかったかな。

-「beLIEve」は「Believe」の「LIE」の部分が大文字になっていますね

[Shu] これは STEVIE発案だよね。俺「BELOVED」だと思ってたもん(笑)。

[STEVIE] 信じる言葉の中にも嘘があるっていう。日本語にもあるじゃないですか、恋には下心があってとか、英語にもそういうのがあるなって思って、その世界を表現しました。

[HINA] 大文字の意味、他のメンバーは全然わかってなかったんですけど(笑)、「本当か嘘か」っていう意味の歌詞をもらってて、自分の歌うところに歌詞をつけていました。詩を読んでいたので、「beLIEve」ができた時に見てすぐにわかりました。

[Shu] 曲的に言うと、これは Aメロも STEVIEが変えたんです。「こんなの考えてきたんですけど」って持ってきて、やってみたらメチャメチャ良かったんで「それで!」って。

[THUNDER] この曲は「Killing Bites」と同じくらい、実はこの中では古い曲ですね。


-その「Killing Bites」ですが、今までと一番違うイメージがありました

[Shu] 曲は僕が作ったんですけど、ライブでは以前もやってるんですね。基本的なバックは、前にライヴでやっていたままです。STEVIE加入後に、いちばん最初にヴォーカル録りした曲ですね。

[THUNDER] 最初、レゲエ調のところに歌はなかったんですよね。リーダーとふたりで車で走っている時に「ここ、歌入れたら面白いんじゃないですか?」って言って。

[Shu] 最初はあのレゲエ調のところはそもそもなかったんです。レコーディングした後、今ひとつだなと思って色々アレンジして、THUNDERに聴かせたら歌入れた方がいいんじゃないかっていう話をしました。

[THUNDER] イントロ的な役割だったのを歌パートにしたら、っていうことでした。この曲は他にも色々変わってきた歴史がありますね。

[Shu] STEVIEが歌うことによって、また違う新しい感じになりました。ただ、「オオオー」っていうコーラスがなかなかできなかった(笑)。


-レコーディングのスタイルについて教えてください

[Shu] ウチらはたぶん古いスタイルだと思います。ドラム録って、ベース録って、っていう昔ながらのスタイルですね。ただ時代も発達しているので、最近はギターだけは家で録ったりとか、歌だけ別箇所で録ったりとか。リズムだけは一日で録ろう、っていうのも多いかもしれないです。


-レコーディングでリズム隊録音でのエピソードはありますか?

[HINA] しんどかった。毎回しんどいんですけど(笑)。リフとピッタリなバスドラとかが多くなってきていて、しかもスタジオのその場で変更したりするので、「えー、ちょっと練習させてください」みたいな(笑)。相当練習しましたもん(笑)。だから新しいことをどんどん吸収していかないと、と思ってます。メンバーからも注文が多いんで(笑)。でも、色々引き出してくれれば嬉しいし、自分のクセ以上に違うものができていけばいいなって思います。

[THUNDER] 曲が出来上がって「よし録ろう」が普通の流れだと思うんですけど、録りながら考えようみたいな感じが、僕はこのバンドが初めての経験だったので、「どうする?どうする?」ってなりながらやってました。「Departure」のフレーズは前日の夜中に思いついたりとか。思いついたからこの曲は良くなりました! 弾き方については、前は「もっとやっちゃえ、もっとやっちゃえ」みたいなとこがあったんですけど。

[Shu] そうだね、最近 THUNDERは引き算が多いかもしれない。「Killing Bites」はデモ音源として限定で発売していたんですけど、そのデモと決定的に違うところがあって、ベースのスラップを全部やめたっていう。デモのサビは全部スラップだったんですけど、音源ではルート弾きなんです。

[THUNDER] なぜかっていうと、そこに全員のコーラスが入ってたから。聴かせたいところはどこなのかってやっぱり考えましたし、それで「やらない方がいい」という判断をしました。

[HINA] THUNDERはゴリゴリに弾いてるイメージがありますが、メロディアスなベースがいいなと思ってます。自分が作る曲はメロディアスなサビとかが多いんですけど、それに乗せるベースがいいなって。「Departure」のベースは意外でした。こんなに感性出てくるんだって感動しました。

[THUNDER] 思いつかなかったらほんとに危なかった(笑)


-ヴォーカル録音はいかがだったでしょうか

[STEVIE] ヴォ-カル録りは何日かかけましたね。2日? 3日?くらい。

[Shu] 色んなことやったので数日。録り直しもあるし、ヴォ-カリストにとって、一日で4曲っていうのはやっぱりツライですし。

[STEVIE] 事前に色々考えていって、それをしっかり出したっていう感じですね。今回は表向きやってなかったことも色々やりました。シャウトの色もちょっと違うし、キーもいつもよりは低めというか(笑)。

[Shu][HINA][THUNDER]
あれで低いんだ!!!(笑)

[Shu] STEVIEは声域が広くて、昔の曲が歌えないわけではないので、それはありがたいですね。昔の曲はやりたがらないかな?と思ったら、結構やりたがるし(笑)。

[STEVIE] 初期の頃の曲とか、眠らすのはもったいないし。

[Shu] どっちかっていうと、THUNDERの方が「あれヤダ」とか「これヤダ」とか・・・(笑)

[THUNDER] 好き嫌い多いかもしれないっすね・・・(笑)


-ニューCDを引っさげて、またツアーが始まります

[Shu] 6月から7月頭まで「美女金」(TSP×D_Drive presents 美女と野獣と金髪 2017)があります。先日の北海道で初めてこの 4曲をやりましたが、音源をリリースしてからは初のお披露目になるので、どういう反応があるか、僕ら自身も楽しみです。今までと全然違いますからね。

[STEVIE] これだけコンスタントにライブが入っているのは、自分としては初めてなので楽しみですね。

[Shu] STEVIEにとっても、お客さんにとっても、44MAGNUMの STEVIEとは全然違うと思うんですよ。TSPにとって、今回はその後の試金石になるようなツアーだと思うんですよね。

[HINA] 音源は2年振りなので、新しい曲をライブでやるのはドキドキしますね。ノリをみんなとどういう風に作っていこうか、というのがすごく楽しみです。


-最後に、新譜そして新生TSPの魅力を皆さんの言葉で教えてください

[Shu] 今の TSPは完全に新しいバンドになっていると思うので、音源が出て、僕らもみんなの反応を聞きたいし、聴いてもらえればたぶん「面白いな」とか「面白いバンドになったな」とか感じてもらえると思います。タイトルにあるように「EVOLUTION」なので、進化していっている様が、CDでもライブでも体感してもらえたらいいなと思います。

[THUNDER] 新しい挑戦的な部分が、CDの制作過程でもあったように、これからも続くのかなと思います。不安も期待も入り混じったワクワクがあります。CDはいつもより少し音量を上げて、細かいところまで聴き込んでもらえれば嬉しいです。ライブもひたすら楽しんでくれればと思います。

[HINA] STEVIEが加入して思ったのが、音源でもライブでも、みんな意見をぶつけるんですよ、一人一人が。言いたいことを何でも言うので、バンドとしての塊になってる感が強くなったと感じます。みんなの意見を取り入れていることが多くて、今回のCDもそうですし、ライブもそういう感じで作っているので、ぜひぜひライブに来て欲しいですね。

[STEVIE] 自分が作ったメロディは、他ではあまり聞けないと思うので、TSPで作ったメロを絶対聴いて欲しいなと思います。一番新しい音源が一番カッコいい、っていうのが最高なことだと思うので、それを楽しみにしてもらえればと思います。


-ありがとうございました。音源そしてライブを楽しみにしています!


Interviewed by 大泉 繁





TSP_NEW CD『TRIBAL EVOLUTION』トレイラー







j.jpg2017.5.24リリース
TSP 「TRIBAL EVOLUTION」
\1,500+税
Blaze UP! BLCD-0006
【収録曲】
1. 陰陽LIFE
2. Departure
3. beLIEve
4. Killing Bites



TSP
Vo.STEVIE
Gt.Shu
Ba.THUNDER
Ba.TAIJI
Dr.HINA


●ツアー情報

「TSP×D_Drive presents 美女と野獣と金髪 2017」

2017.06.03 [Sat] 新潟SHOW!CASE!!
TSP/D_Drive/Mardelas/絶叫する60度/他
開場 : 17:30/ 開演 : 18:00
前売 : ¥3,000/ 当日 : ¥3,500

2017.06.04 [Sun] 仙台space Zero
TSP/D_Drive/Mardelas/絶叫する60度/他
開場 : 17:00/ 開演 : 17:30
前売 : ¥3,000/ 当日 : ¥3,500

2017.06.10 [Sat] 厚木Thunder Snake
TSP/D_Drive/Mardelas/他
開場 : 未定/ 開演 : 未定
前売 : 未定/ 当日 : 未定

2017.06.11 [Sun] 富士ANIMAL NEST
TSP/D_Drive/Mardelas/絶叫する60度/他
開場 : 17:00/ 開演 : 17:30
前売 : ¥3,000/ 当日 : ¥3,500

2017.06.24 [Sat] 心斎橋paradigm
TSP/D_Drive/Mardelas/絶叫する60度/FEEL SO BAD
開場 : 17:30/ 開演 : 18:00
前売 : ¥3,500/ 当日 : ¥4,000

2017.06.25 [Sun] 今池3star
TSP/D_Drive/Mardelas/絶叫する60度
開場 : 17:00/ 開演 : 17:30
前売 : ¥3,000/ 当日 : ¥3,500

2017.07.01 [Sat] 新宿Zirco Tokyo
TSP/D_Drive/Mardelas/絶叫する60度/FEEL SO BAD
開場 : 16:30/ 開演 : 17:00
前売 : ¥3,500/ 当日 : ¥4,000





TSP オフィシャルサイト
http://tsprock.jp/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/



2017年05月24日 00:00










URCHIN FARM


Play Da'魂

PAUL POSITION

赤い彗星の俺

OSSAN IS METAL

Facebookページ













(C)Copyright 2010-2017 MROCKS9