MROCKS9

ニュース

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加



Aiko、CREAを卒業。皆の未来に幸あれ。




a.jpg
2018年2月24日、ミニワンマンのステージをもって Gt.Aikoが CREAを卒業した。急な告知になったにも関わらず、昼12時開演の会場となった下北沢MOSAiCには、CREA・Aikoの雄姿を見届けようと、クレアリスト(CREAのファン)が集結した。Gt.Aikoの CREAとしてのラストステージ、彼女達とクレアリストはどんなライブを作り上げたのか。

午前中から続々と集まるクレアリスト。開演直前には満員である。12時を少し過ぎた時、SEが流れ始め、会場は手拍子でメンバーの登場を待つ。一人ずつ登場するメンバーに大きな拍手を送りながら、会場の空気は準備万端に整っていく。

「下北沢MOSAiC、盛り上がって行こうぜーーー!!」

Vo.Nakiの叫びで始まったミニワンマン。1曲目は「REASON」。大歓声で応える会場、曲が始まった瞬間に感じたのは「あ、CREAのライブだ」。これまで数多く経験してきた CREAのライブの空気に一瞬にして変わったのだ。そう、卒業ライブでも CREAは CREAであった。Vo.Nakiは時折笑顔を見せながら迫力のヴォーカルを届ける、Ba.Hirokaはアグレッシブなアクションで髪を振り乱し、Dr.Mikuはいつものように笑顔で速く重いリズムを叩き出す、そして Gt.Aikoもいつも通りクールAikoとして黙々とギターを奏でる。そして会場はいつもの「熱狂」である。「Last Dance」、「Liar Angel」とステージは続く。クレアリストも勝手知ったる CREAのライブ、キメに合わせて腕を上げ、声を出し、ステージとのコミュニケーションを続ける。この「ライブ」での想いの交錯はやはり離れられない。それを再度感じさせてくれた下北沢MOSAiCの空気だった。ここで Nakiと Aikoが会場へ語り掛ける。

「CREA、ミニワンマンへようこそ!! 今日は昼間からこんなに集まってくださって、本当にありがとうございます!!」
「今日は Gt.Aikoの卒業ライブ、今日が Aikoにとって CREAのラストライブです」

「Gt.Aikoです。今日で卒業します」

一瞬の間をおいて、

「楽しくやりまーす!」

会場から笑いが漏れる。いつもの Aikoだった。本当に楽しそうでこちらも笑みが漏れる。そして Nakiが、7周年の CREA、最高のワンマンにするぞと語り、中盤の怒涛のパートへと突入。「GO+ON」でガッツリと頭を振り、新曲「FAKE」では Ba.Hirokaとのコーラスが映え、さらに「ダリア」でのタオル祭り。まさに CREAが凝縮されたようなパートに会場の熱気もガンガンに上がっていく。続く「こぐまのうた」では会場中による「こ・ぐ・ま!」の絶叫。楽しい。これは楽しい。

ここで 2度目のMC。Nakiが Aikoに「CREAで行ったツアーで一番美味しかったものベスト3」という無茶振り。所々グダりながら進む(褒め言葉です)MCに Nakiが「いつもの CREAの楽しい感じでいきたいんですよ、ね!」 さらにベスト3を続ける普段の CREA。と楽しいMCを続ける CREAに Nakiが「卒業、なんか全然実感湧いてないんだよね」と語る。筆者もそうであった。ただし、そんな Nakiも後半で号泣することになる。

「後半戦ブッ飛ばしていけるかーー!!」

Ba.Hirokaのファンキーベースで始まった「Flap×Slap!」、「君のそばで生きていくこと」、「GO MY WAY!」と CREAサウンドをカッチリと会場に届ける。CREAらしさ全開のパートであった。そしてラスト「GO+AHEAD」にそのままなだれ込む CREA。筆者もこの曲にはたくさんの思い出があり、最後にこの曲を持ってきたことに少しホロリ。この 4人の最後のステージを堪能しようとステージを凝視していた。

「ありがとうございました! CREAでしたーー!!」

ミニワンマンの本編が終了、会場からは大きな大きな拍手が。メンバーはステージから去るが、クレアリストは用意周到、アンコールはもちろん「A・i・ko!」コール。Aikoカラーの赤いサイリウムを振って登場を待つ会場。

Gt.Aikoが一人登場し、大きな拍手を浴びる。「ありがとうございまーす!」 そして会場に語り掛ける。

「色々考えた末に決めた決断であるんですけど、未来はどうなるかわからないので、1秒1秒大切にみんな生きましょう!」

「わたし、CREA大好きなんで、CREAも私もよろしくお願いします!」

本当にいい卒業ライブである。それは会場にも伝わっているはず。そしてアンコールでは貴重な Aikoのギターソロが披露され、メンバーが登場して「AR」へとつなぐ。ここではクレアリストが用意した赤い風船が会場を舞う。そう、O-WESTの風船が思い出される。そして最後のMCへ。

「皆さん、本当にありがとうございます!」

「Aiko、あと・・・1曲なんだけど・・・実感ないんだけど!」

Aiko「生きていれば会えるから!」

「人生何があるかわからない、CREAっていうバンドは今存在してるけど、明日どうなるかわからないわけで、一瞬一瞬を大切にして欲しい、ということを Aikoは伝えたかったと思うんだけど(笑)」

「切ないし、寂しいけど、最後は楽しくやろうと決めたんですけど」

と、このあたりから Nakiの涙が止まらない状況に。代わった Hirokaが「私も7年目! 気持ちは 7年やってるから!」 Mikuは「同じメンバーで 7年バンドを続けて来れたって奇跡的なことだと思うし、出会いと別れって人生では自然なことかも。だからやりたいことやった方がいいと思うんだよね」 重度の花粉症で涙が止まらない Naki、最後まで CREAらしいステージで楽しませてくれたライブも次でラストを迎える。

「これからも CREAと Aikoを応援してくれると嬉しいなと思います!!」

Aikoの CREAラストソングは「LINK」。色々な意味を含めて「つながり」を歌う Naki。会場も最後の力を振り絞って腕を振り上げる。いつもの CREAのライブ、そして少しだけ違ったライブ、こうして Aikoの卒業ライブは終了した。CREA、そして Aikoのこれからの活躍を期待したい。



_DSC6295.jpg_DSC6300.jpg_DSC6318.jpg_DSC6365.jpg_DSC6397.jpg_DSC6382.jpg_DSC6413.jpg_DSC6407.jpg_DSC6503.jpg_DSC6542.jpg_DSC6549.jpg_DSC6557.jpg_DSC6580.jpg_DSC6603.jpg_DSC6652.jpg_DSC6692.jpg


筆者にとって CREAと言えば、やはり外せない伝説のイベントがある。「爆女祭」である。ガールズバンド Caramel(活動休止中)がホストとなり、2015年5月に Vol.0がスタートした怒涛の一週間連続イベント。2016年5月、その Vol.2で CREAはホストを務めたのだ。この日、その Caramelの Vol.ルミ(南るみ)も会場で Aikoの卒業ステージを見つめていた。下記の Vol.2のレポートをぜひご覧いただきたい。その時の様々な想いや興奮が思い出されるはずである。

2016.05.09「叫べ!爆女祭vol.2~目黒編~」ついにスタート! 初日レポート
2016.05.10 2日目! 爆女祭だ! これが爆女祭のフロアだ!
2016.05.11「叫べ!爆女祭 Vol.2」 3日目、爆女祭の本体はフロア!
2016.05.12「叫べ!爆女祭vol.2」4日目、CREAが 4日目の扉をこじ開けた!
2016.05.13「叫べ!爆女祭vol.2」5日目、爆女祭フロアの意地を見た!
2016.05.14「叫べ!爆女祭vol.2」 6日目、トップバッターはフロア!
2016.05.15「叫べ!爆女祭vol.2」最終日。フロアにあったのは「HIGH」と「灰」。



そして最後に、筆者も週に一度は必ず見ている CREAの映像をご紹介する。ここには、CREAの様々な想いと会場の熱狂が溢れた貴重な映像となっている。ぜひもう一度ご覧いただき、彼女達の圧倒的な「気」の放出と、Aikoの雄姿を目に刻み付けて欲しい。

CREAは今も前に進み続けている。Aikoも自分の未来に向けて歩み始めている。それぞれの道を確かな歩みで進み続ける彼女達を、これからも応援していこう。彼女達と共に過ごす時間をこれからも積み重ねていくために。


Text: 大泉 繁







『CREAミニワンマン~Aiko卒業Live~』
2018年2月24日(土) 下北沢MOSAiC
01. REASON
02. Last Dance
03. Liar Angel
04. GO+ON
05. FAKE
06. ダリア
07. こぐまのうた
08. Flap×Slap!
09. 君のそばで生きていくこと
10. GO MY WAY!
11. GO+AHEAD
Encore
01. AR
02. LINK




CREA オフィシャルサイト
http://crea-music.com/



2018年03月11日 18:15










南るみ


Play Da'魂

PAUL POSITION

赤い彗星の俺

OSSAN IS METAL

Facebookページ













(C)Copyright 2010-2018 MROCKS9