MROCKS9

特集

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加



BabyDollSymphony、初のワンマンツアー、ファイナル・東京で侵略完了!





8月25日 HOLIDAY SHINJUKUにて、BabyDollSymphonyワンマンツアー「侵略のオルギア」ファイナル・東京公演が行われた。札幌、名古屋、大阪と侵略を完了し、観客であるドール達を地獄の世界に導いた悪魔達「BabyDollSymphony」が、遂にファイナル・東京の地に立ったのである。このツアーは BabyDollSymphony初のワンマンツアー。HOLIDAY SHINJUKUに詰めかけたドール達の前で、悪魔達は侵略の最後をどのように飾るのか。

SEが流れ、待ちに待った観客の大歓声の中、「NEW SONG」で、BabyDollSymphonyの東京侵略が始まった。ツアーの疲れも全く見せずに全力で挑むメンバーと、それを受けて立つドール達の熱狂と歓声、会場は一瞬にして悪魔の世界に染まった。


BabyDollSymphonyのリーダーであり、様々なプロデュースもこなすこくまろみるく(Bass)。5弦ベースの低音をニクいところで繰り出すセンス溢れるアーティストであり(悪魔だが)、その立ち居振る舞いは、ステージェニックという言葉がピッタリハマる美しき変態紳士である。

優雅で華麗なアクションでドール達を魅了する地獄の皇太子・YUTO(Guitar)。長く赤い髪を振り乱して繰り出すバッキングと、華麗なソロを奏でながら会場を見渡すように眺めるその目線に、ノックアウトされるドール達続出である。

物静かに、しかも顔色一つ変えずに鍵盤を奏でる地獄の男爵ことイモ男爵(key)。多くの楽曲で聴くことができる印象的な旋律と音色は、BabyDollSymphonyの楽曲に欠かせない華を添えてくれる。この日はアコーディオン演奏ともう一つの楽器(後述)も披露し、縦横無尽の活躍である(が、顔色一つ変えない)。

愛らしいルックスからは想像できないほどアグレッシブなドラミングを見せる地獄の番犬・充(Drums)。複雑なリズムを使うことが多い BabyDollSymphonyであるが、その基盤をしっかりと支える。悪魔の中では最も人なつこいという噂もあるが、ステージでは禁則事項らしい。

そして、BabyDollSymphonyのフロントを務める地獄の歌姫、リの(Vocal)。個性的な悪魔を従えて堂々のステージングをこなす文字通リの歌姫である。キッチリと音が通る低音から、思わず背筋に快感が走る迫力あるハイトーンまで使いこなし、そのヴォーカリストとしての実力には定評がある。そしてステージで他の悪魔を弄るもしくは弄られるキャラは、悪魔の舞台にひとときの安らぎを与えてくれる文字通り BabyDollSymphonyの顔であり、ドール達の憧れでもある。

オリジナルとカヴァーを合わせて進むこの日のライブも、熱狂のドール達がそのステージを支える。今回のツアーではドール達に楽しんでもらいたいという思いから、様々な ネタ 趣向を盛り込んでいる。今回のツアーでは、それぞれの場所で異なるバンドのカヴァーを演奏してきたという。ここ東京ではどのバンドなのか? ここでなんとイモ男爵がギターを持って登場。そして印象的なリフを演奏し始める。曲は「TONGIHT」。そう、東京では LUNA SEAのカヴァーだ! ドール達も思いがけない曲の演奏に手を振り上げ、一緒に歌って応える。


中盤のMC、ここでライブ中にも関わらず、充が所用(小用)のため中座してしまう。なんという悪魔の所業。侵略で訪れた場所の話を始めるメンバー達。その土地土地での食べ物の話になり、こくまろみるく、リのが、お互いの食の好みの違いから好きなものが食べられなかったと口論を始める。悪魔にとっては譲れない一線である。口論は激化し、YUTO、イモ男爵も仲裁に入るが、それぞれから攻撃を受け、ステージに倒れこんでしまう。二人の攻撃は止むことなく、ついには強烈な一撃が相打ちとなり、二人ともステージに倒れこんでしまう。ステージには生きているものは誰もいなかった。そこに、中座から戻り、全員が倒れているステージを見て呆然とする充。


BabyDollSymphonyが贈る 「悪魔の 寸劇 惨劇」。見事である。



なんとか息を吹き返した悪魔達が、怒涛の後半戦をドール達にお見舞いする。人気の高い楽曲「恋は戦争」をファルセット無しで歌いこなす Vo.リのの迫力と歌唱力はトリハダものである。

終盤、「まだまだ元気だよな?!!」と観客を煽るリの。これまで相当の運動量をこなしてきたはずであるが、全く衰えない歓声で受けて立つドール達。そしてライブでは定番のアッパーナンバー「首斬りクイーン」、「惨劇アリス」をドール達にお見舞いする。拳を振り上げ、頭を振って応えるドール達。熱狂の演奏を終え、大歓声の中ステージを降りる悪魔達。ファイナルの東京侵略も大成功であった。

しかし、これで治まるドール達ではない。すぐさま「B!D!S! B!D!S!」の大歓声で悪魔達を呼び戻す。これまた定評あるこくまろみるくの軽妙な進行による恒例の物販コーナーを終え、メンバー、ドール達ともに最後の力を振り絞り、アンコールに突入する。「天樂」では、全力を振り絞るリのの叫びにも似た歌声に全力で応えるドール達、そしてラストの「Scarlet」ではドール達も力の限り一緒に歌い、会場全体が一つになりライブを作り上げていた。満足気に微笑みを浮かべ、大声でメンバーに声をかけ続けるドール達の熱狂の中、BabyDollSymphonyの東京侵略は幕を閉じた。


BabyDollSymphonyの魅力は何であろうか。安定感ある演奏能力、非日常に誘う魅力的なヴィジュアル、個性的なキャラクター、キャッチーな楽曲、様々があるだろう。しかしライブではその要素に加えて、この5人と観客であるドール達が共に産み出している独特な空気感がある。5人が必死で作り上げてきたメッセージ、音、楽曲と、それを受け止め楽しむドール達が生み出すもの。それらが合わさり、ステージで何かが昇華する空気感。それが彼らのライブの大きな魅力の一つである。ぜひ  BabyDollSymphonyのライブに足を運んで欲しい。必ずやその魅力を感じることができるだろう。

Text: 大泉 繁







BabyDollSymphony
ワンマンツアー「侵略のオルギア」ファイナル
2012.8.25 Sat. HOLIDAY SHINJUKU

01. NEW SONG
02. howling
03. JOINT / 灼眼のシャナII OP
04. ストロベリィ・ヴァンパイア
05. Over Soul / シャーマンキングOP
06. ワールドイズマイン / Supercell
07. TONIGHT / LUNA SEA
08. ROSIER / LUNA SEA
09. コンタクト(新曲)
10. 恋は戦争 / Supercell
11. 侵食パラノイア
12. 残響のメロディ
13. 666 -Number of the Beast-(新曲)
14. 首斬りクイーン
15. 惨劇アリス

En1. 妄言メガロマニア
En2. 天樂 / ゆうゆ
En3. Scarlet





BabyDollSymphony オフィシャルサイト


2012年09月30日 18:25










URCHIN FARM


Play Da'魂

PAUL POSITION

赤い彗星の俺

OSSAN IS METAL

Facebookページ













(C)Copyright 2010-2016 MROCKS9