MROCKS9

特集

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加



TSP、新譜 「TSP Ⅱ」 本日発売! 独占インタビューを敢行!





2015年6月10日、攻撃的ラウドメタルバンド「TSP」が新ベーシスト DJ SUNDAY/THUNDERを迎え、満を持して新譜「TSP Ⅱ」を発売した。「真・新型TSP」として臨むサウンド、そしてツアーを目前にして、最新の TSPの布陣、今後の活動などについてインタビューを行った。エンターテイナーぶりが見事な和やかで笑いの絶えないインタビュー、その中に見える、今後に対する想い、ライブへの意気込み、そして TSPの未来を感じて欲しい。









-今回の新譜も相当攻撃的な仕上がりになっていますね。

[Shu] 僕的にはいつもとあんまり変わらないです。やってることは違うんですけど、攻撃的は攻撃的なんで。守りに入ることなく。

[Kouzy] Shuさんは俺に合わせてくれてるんだと思います。「TSP I」を出した頃は手探りだったと思うんですけど、ツアーをやってきて、今ならこれじゃないか、ということで曲を作ってくれてると思うので。そこは外しはしないと思います。

-HINAさんは今回もしんどかったでしょうか。

[HINA] しんどかったです(笑)。体力的にっていうのもありますが、ドラムは一番最初に録るので、自分が遅れるとどんどん遅れていくし・・・そのプレッシャーもありましたね。

-今回 DJ SUNDAY/THUNDERさんが加入したきっかけを教えてください。

[Kouzy] ベースがいなくなって悩んだんですよね。上手い人はいっぱいいるじゃないですか、世の中には。THUNDERくんと去年会った時にすぐ思いました、彼は変態だと。めちゃめちゃ変態だから。俺はもう彼しか考えられないってずっと言ってた。

[THUNDER] そこが決め手だったの?

[Kouzy] もう他の人は無いと。

(仕切り直して)

[HINA] たくさんのベーシストとお会いしたんですよね、その中からみんなが「THUNDERが入ってくれたらいいよね」っていう話をしてました。一人だけその理由が変態だからっていうのはよくわからないけど(笑)。

(戻して)

[Kouzy] 例えばですよ、スティーブ・ヴァイって変態じゃないですか、ていうことなんですよ。昔のエディ(エドワード・ヴァン・ヘイレン)も変態じゃないですか。そういうニュアンスを彼から感じたんですよ。

(仕切り直して)

[Shu] ベースを探した時、あらゆる情報を駆使したんですが、THUNDERがやっていたベースが二人いるバンド「Refine:Zero」を知っていて。他にバンドをやっている方には TSPは無理だろうと思っていたので、とにかくフリーのベーシスト、あるいはバンドが解散したり辞めてしまったベーシストを探していたんです。で、気がついたら Refine:Zeroから THUNDERが辞めてて。でも気づいたら、すでに「Back Shot Roberts」に入ってて、その時は断念したんですよね。だったらそこ(Back Shot Roberts)を辞めたベースがいるだろうと。それが、一時期、サポートをやってもらった SHUだったんです。で、またベースを探していて、人づてに紹介してもらったのが THUNDERだったんです。元々いいと思ってたので、一回会ってみようと。で、冠さん(The冠)でもサポート・ベーシストとしてやっていたので、まずはうちでもサポートでやってもらって。ウチら的にはぜひ、っていうのはあったんだけど、本人から正直に、「二つのバンドはなかなか難しい」という話があったので、そのまま去年は終わったんです。でも、正直に言ってくれて助かりました。けっきょく、スタートしてみたら、いろいろと忙しくて「やっぱり辞めます」というのは、ホントに困るので。

で、去年末から今年にかけて、THUNDERともいろいろと話をして。

[THUNDER] 酔っ払っちゃってて「あ、はい、やります」って(笑)。

[Kouzy] THUNDERの真面目なところって色々な所に出るんですよ。スタジオ入ってても、ぶっちゃけヘルプだったら、譜面台立てても(譜面を見ながら演奏でも)いいわけじゃないですか。でも彼は譜面台使わないんですよ。

[HINA] 色々なベーシストさん、みんな素晴らしいんですけど THUNDERに感じたことがあって。その時はスケジュールがタイトだったんですよ。1週間くらいで 5、6曲やってきて、みたいな感じだったんですけど、コーラスまで全部やってきたんですよ。それがすごいなって。どんだけ根性あるんだ、そのスケジュールの中でって。ライブでやる曲が決まってるわけじゃなくて、ただ合わせるよって言って、そこまでやってきたのはかなり感動でしたね。

[THUNDER] その時は曲もらって、この中から好きな曲を好きなだけ覚えてきてって。なんだそれって(笑)。でも聴かないと、って思って必死に。

[Shu] 得意不得意があるので、こっちから指定するより、自分が出せる曲をやってきてっていう方がいいかなと思って。これは絶対やってきて、っていうのが 2、3曲あって、あとは好きなのどれでもいいから得意そうなの、って言った記憶があります。

[HINA] かなりの漢気が。そこで「おおっ」て。

(Kouzy、既にビールがかなり入っている)

[Kouzy] きっと彼は俺のことウザいと思ってるけど、俺は彼のこと信頼してるんで。

[THUNDER] ウザいとは思ってない(笑)。思ってないよ。もっとウザくていいかも。

-最初に新しいメンバーで音を出した時の感覚は?

[THUNDER] 最初に感じたのは「あああ、みんな結構やってきてるな」っていうのをまず感じました。ベテランバンドの風格みたいなものを感じましたね。

[Shu] ライブも見てましたし、テクニック的なところは全然心配してなくて、僕はどっちかっていうと、スタジオに入る前の心構えとか、やってる時にどうなのかとか、そういうところを見るんで、

-THUNDERさんが楽器を始めたきっかけは何でしょう?

[THUNDER] 最初は家にギターがあったのでギターからなんですけど、でも Fがなかなか大変だったり。ベースの方がなんかカッコいいかもしれないって勘違いしたのがきっかけですね(笑)。同級生にギターのうまい奴がいて、僕はギターがやりたいというより、バンドがやりたかったんですよね。だからパートがいなかったら俺がやるみたいな。その時ドラムがいなかったらドラムをやってたかもしれないですね。

-今回の新譜の製作期間は?

[Shu] わりと短いと思います。今回はみんなバラバラの日程で分かれてたので。

[Kouzy] 始めて何日でなく、何日に何時間っていう感じでしたね。すさまじく短いと思います。今回のレコーディングは。

[HINA] 「附和雷同」は初めて THUNDERがサポートした時に作った新曲で、サポートなのに、「ごめん、新曲一緒に作ってくれない?」って言って。ウチらの中には一緒にやりたいって気持ちがあったから、新曲を作ったらどういうベースを入れるんだろうっていうのもあって、一緒に作りました。Shuさんは予想外なベースを弾いてくれる人を入れたかったから、そういうとこも見たかったから、っていう感じの挑戦でしたね。

[Shu] 実際は 2月の頭くらいに一回ドラム録りをやって、別スタジオで歌を録ったり、ベースを録ったりして、結局最後にあがったのは 4月頭くらいですね。録りはそんな感じでしたね。

-ということは、THUNDERさんは「附和雷同」に関しては思い入れがありますか?

[THUNDER] 自分が入ってから最初の曲っていう感じで、やっぱりありますね。

(Kouzy、ビールは 5杯を超えている)

[Kouzy] いや、思い入れないね!

[THUNDER] あるよー! 記念すべき最初の曲なんで。

[Kouzy] THUNDERくんはどちらかというと、来たものをどう料理してやろうかな、っていうタイプで、できた結果がよければいいんじゃね、っていう感じじゃないかな?

[THUNDER] うん、そういうところはあるね。

[Kouzy] 絶対思い入れないもん。

[THUNDER] あるよー!!

[Kouzy] それはあるわな(笑)。

[Kouzy] 音の足し算引き算ってあると思ってて、ほんとは引き算の方がいいんだけど、ウチらのやってる音楽は引き算だけじゃうまくいかないから。ビートルズだったら如何に無くしていくかって感じですね。ウチらも引くんですよ、どんどん引いてって、そうするとまた足さなきゃいけないんですよ。引いた分、もっと面白いことをやるためには何を入れないといけないか、でやっていくと、曲が全然変わっちゃうんですよね。そういうこともありました。

-ライブでここを見て欲しい、というところを教えてください。

[Shu] THUNDERが正式メンバーになってのライブは、こないだ韓国でやったけど、日本だとまだ1回しかやってないので、これからじゃないですかね。まだこなれてないうちにやってるんで。「附和雷同」に関しては去年からやっているので変わらないですが、他の曲はこれから。次のツアーでやって、どんな反応があるか見て、っていう感じかな。逆に言うと、僕らでもわからないいい部分が、やってみて見えてくるんじゃないかなと思いますね。

[THUNDER] まだ入って日が浅いですし、これからできあがっていく部分も多いんじゃないかなと。自分の音も、同じように聴こえるけど、結構変わってたりとか、そういう部分もあるんで、成長と言うか進化のちょうど途中ですよね。絶対一度は見て欲しいと思います。

[HINA] 「TSP Ⅱ」を作っている時は、今までの TSPよりも、ライブを想定して作られているんじゃないかと。ライブは自由なので、それぞれで楽しんでくれればいいんですけど、例えば「附和雷同」だったら楽しく踊れる感じで、「廃壊」だったらサビで腕を上げてコーラスができる感じとか。「the times」はタオル回せるような感じ、「燎原烈火」は結構ヘヴィな感じで、TSPっぽい重いノリって感じで。ライブもこれから変わっていくと思いますね。今までのメタルのノリだけではなく、ライブがもっと盛り上がるような音源になってると思うので、聴いてライブに来てほしいですね。一緒に盛り上がれたらいいなと。

[Shu] まだまだ発展途上のバンドだと思います。一回見てもらって、今一つの時もあると思うんですよ。そしたら 2回見てほしいし、2回見て、お、こないだより良かったな、と思ってもらえたらいなと。僕らは演奏で同期を使っていないので、同じ曲でも、日によって速かったりゆっくりだったりする時がありますが、そういうのもライブだと思うので、それも楽しんでほしいし。今日はソロが違うとか、今日はメロが違うとか、1回1回のライブで同じようなことはないと思うので、そういうのを楽しんでもらいたいですね。そういう音楽シーンになってくれると嬉しいな、と思います。僕がよく通ってた20年前のスタイルにね。今日はシェンカーひどいなって(笑)、だから明日も行こうかなって。

多くのバンドが同期を使って必ず同じクオリティでライブをする、って素晴らしいことですし、お客さんがそれを求めるアーティストさんもいると思うんですよね。だから、それはそれでアリだと思うんですが、そうすると 1回行ったらもうお腹いっぱいにならない?って思っちゃう。僕らは基本的に人間がやってるロックバンドなので、ライブにはその日の気分が絶対出ると思うし、お客さんもそれはわかるはず。ライブはそのコール&レスポンスだと思うんですよね。盛り上がる日もあれば盛り上がらない日もあって、それこそ生物(ナマモノ)じゃないかと。

[HINA] クリックがないぶん、タイム感に支配されないから、わりと自由な感じです。

[Shu] テンポの速い「Rest in Peace」の日に見に来て欲しいですね、やんないけど(笑)。

[Kouzy] やんないんだ! え、それフリ? やらないといけない?

(さらにビールを進めている Kouzyにマイクを向ける)

[Kouzy] 何の話でしたっけ。

-ライブでここを見てほしいと思うところです・・・

[Kouzy] 自分は昨年の10月に倒れてしまって復帰したんですが、今回は 3日間続くこともあるし、1日目よりは 2日目、2日目よりは 3日目の進化を見てほしいですね。もちろん一日一日が作品だから全力でやるんですよ。1日目全力でやったけどダメだったら、2日目もっと頑張れるわけじゃないですか。そういう意味で進化していきたいんです。それを見てほしい。いつ来ても全力だし、1日も見逃せないし、だから、行こうかなと思った時に来てくれれば、絶対悪いようにはしないんで。

-今回、PVが結構楽しい出来になっていますね。

[Shu] Kouzyの歌詞が発端でしたね。歌詞を見て Kouzyと相談して、そういう時代背景でPV撮ろうって。

[HINA] この踊りは前からライブで結構やってて、Shuさんもこの踊りはみんなでやるんだって言ってたので、だんだん浸透してきて普通にやってますね。演奏シーンと踊りのシーンの両方あるから、面白くするのか、入れずにカッコよく終わるのかで何回も話をしましたね。最終的には踊りが入って面白かったから、どうせ行くなら面白くしようって。

[Shu] サビの振り付けを Kouzyと HINAでやってるんですけど、WeROCK特典の方はちゃんとわかるんですよ。振り付けが入ってるのが。

[Kouzy] お客さんは最近だとライブに向けて予行演習とかすると思うんですよ。そういう人からすると嬉しいかなと。でも、わからなくても普通に踊ってるだけでいいんです。マニアックな人だと、予習してやったら面白いぞっていう風に仕上がってます。

[Shu] キメを予習してやる、っていうのはやりたい人は楽しいけど、やりたくない人は入りにくくなるんですよね。そうするとライブに来てもらえなくなっちゃう。なのでウチらはどちらでもいいし、好きに楽しんでくれればいいと思ってます。

[THUNDER] 違う踊りでもいいし。

[Kouzy] 手拍子だけでもいいし、頭振ってるだけでもいいし、そんなのは自由だから。

[HINA] THUNDERが入る前は色々な人にサポートしてもらって、動きのフォーメーションまでお願いできなかったんですよね。でも THUNDERは自然に合わせて Shuさんといいフォ-メーションしたり、Kouzyさんとしたり、そこもハマってくれて。やっぱりメンバーが固まるとフォーメーションもとりやすいですね。

[Kouzy] THUNDERくんのやり方がかっこいいんすよ、ライブの。

[THUNDER] いやいやなになに、恥ずかしいね、これ。

[Kouzy] アクションを前に出さない時もあるんですよね、THUNDERくんは。映像で見て、あ、こんなことやってたんだ、っていうこともあるので、THUNDERくんには注目してほしいです。

[Shu] フォーメーションで言うと、ここ(ShuとTHUNDER)は世代が近いんですよね。

[HINA] 全然違うだろ。
[Kouzy] 全然違うだろ

(気にせず)

[Shu] だから同じようなものを聴いて育ってきたので、だいたい合いますよね。だいたい世代が近いんで、自然と合いますよね。だいたい世代が近いんで。

[HINA] 近くない。
[Kouzy] 近くない。

-今後のTSPについて展望などを教えてください。

[Shu] これからイヤホンにサインします。で、その後は帰るかな。

[HINA] それ、今じゃん。
[Kouzy] それ、今じゃん。

(仕切り直して)

[THUNDER] 例えば次回作をイメージすると、また新しい何かができるような気がします。今あるものも、研ぎ澄まされているんじゃないかなと気はします。

[HINA] ウチらはずっとヘヴィなロックバンドでやってきたと思うんですけど、サンダーのあのメイクしかり、もうちょっとアーティスティックでいたいというか、パフォーマンスやライブの展開でも、どうなっていっちゃうんだろう? とか、みんなに注目されるように色々考えていきたいと思います。もちろんロックが基本にはありますが。

(ビール 10杯を超えた Kouzyさんお願いします)

[Kouzy] で、何の話でしたっけ。

-TSPの今後についてです・・・

[Kouzy] バラード作ります。あえてやるとは言いません。shuくんは厳しい人なので、そのクオリティに到達しなかったら世に出ないですよね。もしそれで、これいけんじゃね?てなったら、やりたいです。ただ、聴かせるバラードはウチらはやりませんよ、ということですね。お楽しみに。
このメンバーだったら、普通のバラードにはならないです。お客さんが聴いたらバラードって言ってくれると思うけど、他の人が聴いたらバラードじゃないじゃん、それが TSPです。

[Shu] 今後の目標ですか、そうですね。バラードを作ります。

[HINA] 同じじゃん。
[Kouzy] 同じじゃん。

-それでは、Shuさんまとめをお願いします。

[Shu] まだまだ発展途上のバンドで未熟なので、単純にクオリティを上げたいですね。ナマ物だからっていうのもあるんですけど、それはレベルの低いところでやってちゃダメで、レベルの高いところでやらないといけない。これからのライブにも期待してほしいです。新曲をライブでやって、お客さんと一緒にどんな風に育っていくのか、僕らも楽しみにしているので、ぜひ、音源をチェックして、ライブに足を運んでください!

-一時はどうなることかと思いましたが、ありがとうございました!

[Kouzy] ありがとうございましたーーー!

-いや、もう終わってます。





2015.6.10リリース
TSP 「TSP Ⅱ」
\1,500+税 / BLCD-0005

男女入り乱れた掟破りのラウド・メタル。
CD復権のための新方式を提示!!
~アルバムでもシングルでもない、4曲入りの新方式!! ~
1. 附和雷同(ふわらいどう)
2. 廃壊(はいかい)
3. the times
4. 燎原烈火(りょうげんれっか)




LIVE SCHEDULE

●美女と野獣と金髪

2015.06.19 [Fri] 山形MUSIC SHOWA SESSION
出演:TSP、D_Drive、HERe:NE、Frozen Cake Bar
開場:17:30/ 開演 : 18:00
前売:¥2,500/ 当日 : ¥3,000
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/36650/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/

2015.06.20 [Sat] 仙台Space Zero
出演:TSP、D_Drive、Mardelas、G∀LMET、HERe:NE、Frozen Cake Bar
開場:16:00/ 開演 : 16:30
前売:¥2,500/ 当日 : ¥3,000
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/36651/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/

2015.06.21 [Sun] 高田馬場CLUB PHASE
出演:TSP、D_Drive
開場:17:30/ 開演 : 18:00
前売:¥3,000/ 当日 : ¥3,500
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/36652/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/


●METALLIC SPIN JAPAN TOUR 2015
2015.06.25 [Thu] 下北沢GARDEN
出演:Girls,Boys,Boys(TSPっぽい人達)、METALLIC SPIN、SS Band
   [SS Band]
   Vocal Ray(Galactica Phantom)
   Guitar 石原"SHARA"愼一郎(EARTHSHAKER/ mintmints)
   Guitar miki☆sun-go☆igarashi(SHOW-YA / mintmints)
   Drums  山内康雄(ex, acid android /ex, BLINDPIG)
   Bass  寺沢リョータ(TORNADO-GRENADE
開場:18:30/ 開演 : 19:00
前売:¥3,500/ 当日 : ¥4,000
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/38736/

TSPっぽい人達が、モトリー・クルーの素晴らしさを幕末の人達に伝えるために、未来からやってきた新バンド、Girls,Boys, Boysを結成しました! 結成は神楽坂の元・料亭で、ビール1杯180円。
その彼らのデビュー・ライヴが決定! 6月にジャパン・ツアーを行なうメタリック・スピンと共演いたします。
美女金ツアーの真っ最中に、TSPっぽい人達が結成した、このバンド。基本的に観られるのは、この日が最初で最後か!?
メンバー
トミー・リーを目指してほしいヒナー・シー(ds)
ニッキー・シックスに影響を受けたというサンダー・シックス(b)
自分もニッキーがいいと言 いはるミック・シューズ(g)
ヴィンス・ニールでは語呂が合わなかったのでジョン・コラヴィっぽくされたジョン・コジヴィ(vo)


●美女と野獣と金髪

2015.06.27 [Sat] 長野Gram House
出演:TSP、D_Drive、他
開場:未定/ 開演 : 未定
前売:未定/ 当日 : 未定
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/36653/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/

2015.06.28 [Sun] 厚木THUNDER SNAKE
出演:TSP、D_Drive、BRIDEAR、Hurly Burly、Delgesu
開場:17:00/ 開演 : 17:30
前売:¥2,500/ 当日 : ¥3,000
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/36654/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/

2015.07.03 [Fri] 心斎橋club DROP
出演:TSP、D_Drive、他
開場:未定/ 開演 : 未定
前売:未定/ 当日 : 未定
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/36655/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/

2015.07.04 [Sat] 京都MOJO
出演:TSP、D_Drive、G∀LMET、他
開場:未定/ 開演 : 未定
前売:未定/ 当日 : 未定
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/36657/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/

2015.07.05 [Sun] 名古屋今池3STAR
出演:TSP、D_Drive、G∀LMET、Mardelas
開場:未定/ 開演 : 未定
前売:¥3,000/ 当日 : ¥3,500
Webチケット申し込み
http://tsprock.jp/form/ticket/36658/
美女と野獣と金髪 オフィシャルサイト
http://www.jackup.co.jp/bijokin/


TSP プロフィール

2009 年、TAIJI と、長年の盟友であるShu が、CLOUD NINE 以降再びタッグを組み結成した、TSP。ライヴ、イヴェント出演、レコーディングと精力的に活動を続けていたが、2011 年、TAIJI の急逝により、一時は活動を休止。その後、新メンバーを迎え、TAIJI を含む5人のメンバーで活動を再開することを発表した。2012 年に、TAIJI の遺作であるファースト・アルバムを発表。2014 年には、新ヴォーカリストにKouzy を迎え、バンド名を“Tribal Scream of phoenix”としてファースト・マキシ・シングルを発売した。2015 年、前年より病気療養中であったKouzy が復活。新ベーシストにDJ SUNDAY/THUNDER が加入し、“ 真・新型TSP” として、活動を開始。そして、6 月10 日、現メンバーでの初作品となる4 曲入りニューCD「TSP Ⅱ」の発売が決定! 今回の音源は、CD が売れない昨今だからこそ提示したい方式を採用。それは、アルバムでは高すぎる、ミニ・アルバムでは中途半端、シングルではロック・バンドの醍醐味が伝えられないという観点から、シングルでもないミニ・アルバムでもない4曲入りのCD として、CD の素晴らしさを伝えたいという意向でもある。ダウンロードでのバラ売りではあり得ない、4曲で1枚の作品が完成するCD ならではのこだわり。時代と逆行しているのは承知の上で、あるようでなかった新方式のCD を起爆剤として、音楽業界に光明を見出したいと考えている


TSP オフィシャルサイト
http://tsprock.jp/



2015年06月10日 00:01










URCHIN FARM


Play Da'魂

PAUL POSITION

赤い彗星の俺

OSSAN IS METAL

Facebookページ













(C)Copyright 2010-2016 MROCKS9