MROCKS9

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加



【初日】tkmk爆女祭 Vol.1、掟破りの新曲6回!? ワルいオトナも活躍!?




祝日の11/23、渋谷CLUB CRAWLにて、一週間連続イベント「tkmk爆女祭 Vol.1」がついに開幕した。MROCKS9では今年 5月の Vol.0に続き、この Vol.1も密着してレポート。Vol.1では速報をお届けし、その後、写真を含めたオフィシャルレポートをお送りします。

ソー ルドアウトとなった初日、会場はこのイベントを待ちに待った観客であふれ、開始前から熱気でいっぱいであった。トップバッターは「凸凹凸凹-ルリロリ -」。お揃いの衣装で笑顔でステージを繰り広げるが、そのサウンドは圧倒されるほどパワフル。会場の皆も思い切り腕を振り上げ、声を合わせてそのパワフルなステージに応えていた。そして「tkmk爆女祭 Vol.1」に関するお知らせ。まず 12/11には「後夜祭編」が新宿ReNYにて開催される。「凸凹凸凹-ルリロリ-」ももちろん出演、この日限りのスペシャルコラボバンドも発表されている。そしてこの Vol.1が J:COM MUSIC GOLD RUSHで来年元旦に放送されるとのこと! 迫力ある力いっぱいの演奏を終え、最後に会場全体でジャンプ! 「凸凹凸凹-ルリロリ-」の見事なステージで「tkmk爆女祭 Vol.1」の幕が開いた。

次の登場は Vol.0にも出演した大阪の現役高校生バンド「ЯeaL」。彼女たちのステージはロック魂あふれるステージ。演奏にほとばしる彼女達の「気」が十二分に 伝わる迫力のステージであった。12/20には大阪で結成3周年記念のワンマンライブを行うことを発表。「フリーライブなので、交通費だけで見られま す!」とお茶目に告知。ラストには、ほぼ全ての観客が腕を振り上げ、彼女達の熱気に応えていた。

3番目の登場は久し振りのライブと なった「逢瀬アキラ」。開始と同時に会場は赤いサイリウムで埋まる。この日はハード&ハイテンポな楽曲でグイグイと会場を引っ張る彼女。会場のファンもそんな彼女との掛け合いを楽しみ、会場は赤い彗星軍一色となった。MCでは、「2/11にワンマンライブをやります! ってさっき聞きました! 私も何も聞いていないのでこれから考えます!」との告知。ここにもワルいオトナがいるらしい。

4番目の登場はホストバンドでもある「CREA」。1曲目から引き締まったタイトなリズムとハードな演奏で引っ張る彼女達。多くのライブを経験してきた彼女達の迫力と安定感はさすがである。ロックバンドとしてのワイルドさとカッコ良さを、楽曲に乗せて次々に繰り出す CREA。この日から一週間連続で出演する彼女達。引き出しの多い
彼女達がこれからどんなライブを見せてくれるのか楽しみである。ラストの「GO MY WAY!」では、観客全員が腕を振り上げて共に歌い、文字通り一体となってステージを終えた。

ラス前に登場したのはこちらもホストバンドの「Caramel」。幕が開き、Vo.ルミがアカペラで歌い始めたのは「YAH YAH YAH」(CHAGE&ASKA)。伸びやかな歌声が会場を包み、そして演奏を始めたのは新曲。Twitterでほんの少しお披露目していた新曲は、ハイテンションの Caramel節満載の楽曲で、演奏が進むにつれ、会場も振りと掛け声でステージに応える。新曲が終わり、間髪を入れずに始めたのは、ん?さっきの新曲のイントロ。そう、掟破りの新曲2回目。ハイテンションな空気がさらに熱気を帯びる。が、本番はここからであった。「今日はこの曲しかやりません!」と 叫ぶルミ。新曲を 6回続けて演奏するという前代未聞のライブとなった。

ハイテンション×6回のすさまじい Caramelのステージが終わると何やら SEが流れ、メンバーは「やられた」という顔で何かを待つ。ここで渋谷CLUB CRAWLのスタッフ(ワルいオトナ)が登場してアナウンス。「2/16、下北沢GARDENで 3rdワンマンライブをやります!」 メンバーもビックリな告知とともに、Caramelのステージは終了した。

「tkmk爆女祭 Vol.1」初日のトリは「BAND-MAID®」。独特の世界観と王道のロックサウンドで注目を集める彼女達。SEとともに幕が開いた ステージには背を向けたメンバー達、ここでグッと彼女達の世界に観客の心を引っ張り、演奏が始まる。ハードなサウンドに乗せた、キュートで、時にはワイルドなヴォーカルが「BAND-MAID®」の真骨頂。お馴染みの楽曲ではファンとの大迫力の掛け合いで、会場の熱気は最高潮、会場ではクラウドサーフも行われて、熱狂のロックイベントの様相に。その熱気を作り出しているのがメイド姿の彼女達、というギャップが「BAND- MAID®」の魅力の一つでもある。最後には Caramelのメンバー達もステージに乱入して大騒ぎ。その熱狂の中、BAND-MAID®のお給仕は終了した。

こうして「tkmk爆女祭 Vol.1」の初日は大盛り上がりの中終了。明日以降も注目のバンド、アーティストが多数出演する。この流れを体験するにはまだまだ間に合う。ぜひ会場に足を運んで欲しい。


Text: 大泉 繁




2015/11/23(月・祝)
「tkmk爆女祭 Vol.1」~渋谷編~
渋谷CLUB CRAWL

●凸凹凸凹-ルリロリ-
1. Sunny Ride
2. Everybody Go!!!
3. 切なくてほのかに甘い運命
4. 恋のスパイダー
5. クロブチメガネとベビードール

●ЯeaL
1. Jumping more
2. Shooting Star
3. 反対言葉
4. 花火散るこの川で

●逢瀬アキラ
1. GALE
2. 呪い
3. Android Breaking Hart
4. 秘密
5. Mimic
6. ORTANGE

●CREA
1. REASON
2. GO+ON
3. ReBORN
4. レボリューション(仮)
5. Liar Angel
6. GO MY WAY!

●Caramel
1. YAH YAH YAH(CHAGE&ASKA)
2. ブラララビュー(仮)
3. ブラララビュー(仮)
4. ブラララビュー(仮)
5. ブラララビュー(仮)
6. ブラララビュー(仮)
7. ブラララビュー(仮)

●BAND-MAID®
1. Don't let me down
2. Thrill
3. Arcadia Girl
4. Shake that
5. REAL EXISTENCE



2015年11月24日 01:30










tkmk爆女祭vol.2


Play Da'魂

PAUL POSITION

赤い彗星の俺

OSSAN IS METAL

Facebookページ













(C)Copyright 2010-2019 MROCKS9