MROCKS9

ニュース

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加



「叫べ!爆女祭 Vol.2」 3日目、爆女祭の本体はフロア!




_PKY9893.JPG
叫べ!爆女祭vol.2も今日で 3日を迎える。初日、2日目と明らかにイベントの温度が上がってきている。その空気は、何よりもフロアのお客さんが作っているのだと改めて感じた。その熱気が日を重ねるほどにヒートアップしていく様は、他に代わるものがない爆女祭の魅力であろう。さて、今日もその魅力にどっぷりと浸かるとしよう。こちらは私的叙情的な MROCKS9編。日が進むに連れ、「爆女祭アドレナリン」に毒され、文章もだんだん壊れてきているのでその点はご了承願いたい。長澤氏のオフィシャルレポートも合わせて読んでいただきたい。

3日目のトップバッターは三姉妹ガールズバンド「みならいモンスター」。SEと共に始まった拍手の中、一人ずつ登場するメンバー。ドラムのフィルインから始まった最初の一音から、いきなり荒ぶる最前に陣取るお客さん。初々しい立ち姿での演奏と、3人のハーモニーを聴かせながら優しい歌声を届ける 3人。ギターソロでのオイオイコールもバッチリ決まるお客さんはさすがである。演奏を見ていてふと気づいたが、Gt.Vo.の未来実は、歌いながらほとんど手元を見ていない。かつ、ソロ入り、終わりの時にエフェクトを踏む動作に全く無駄がない。もしかしてこの子、できる・・・? 優しい雰囲気はそのままに優しいMCへ。「初めまして、みならいモンスターです! 最後までどうぞよろしくお願いします!!」 優しい、柔らかいメッセージとそれぞれの自己紹介に会場からは大声援と拍手。2曲目「夜」に入り、じっくりと聴き入る会場。ものすごく優しい空気だ・・・ 告知をはさんだ次の曲「マリ」はアップテンポな明るい曲、会場ではタオルを回しながら腕を上げる。でも、雰囲気はやっぱり優しい。だんだん癒されてきた・・・ ほぼ直立で演奏するフロントの 2人は、ずっと足の位置を変えずに立って演奏を続けており(MCの間も)、ここまで徹底すると様式美のように見えてくるから不思議である。ラストは「HAPPY END」。ポップな楽曲に手拍子で応える。爆女祭の屈強なお客さんも、ひと時の癒しを感じることができたのではないだろうか。


_PKY9610.JPG_KYL2799.JPG_KYL2821.JPG_KYL2874.JPG_PKY9587.JPG


次に登場したのは「しなまゆ」。迫力のボーカルで始まったステージ、リズムに入ると観客はヨシ来た!とばかりに声を上げて腕を振り上げ始める。サウンドはソリッドかつシンプル。Ba.ウエノハラの奏でるベースの重低音が響き、Gt.タクマのバリエーション豊かなギターワークが映える。しかし、持っているギターの位置が高い。めちゃ高い。逆にこの位置で弾けること自体がすごい。そして Vo.モリユイの存在感は圧倒的。会場の隅々まで届く透き通った、しかし迫力のボーカルで歌い、フロアに対峙する表情とアクションで観客の目を釘付けにする。でもギターの位置は高い。3曲目ではフロアとの掛け合いも楽しむ。「こんばんは! しなまゆです! こういうアツい日がずっと続いていると思うと、なんかグッと来ますね! 盛り上がっていけますかー!」 4曲目「Bambi」では、Vo.モリユイの様々な表情を見せるボーカルに耳を奪われる。この声の通り方はハンパない。脳内の何かが刺激されるような心地良さで、いつまでも聴いていたいと思わせる魅力を持っている。しかし、ギターの位置が高いことを忘れてはいけない。そしてそのままラスト「チャイニーカンフーセンセーション」に突入する。リズムを保ったまま会場との掛け合いの練習を仕掛けるしなまゆ。その展開が本当にウマイ。位置の高いギターから繰り出されるリフに合わせ、身体全体を使ってステージとの掛け合いを楽しむ会場。そして高い位置にかまえたギターから繰り出されるギターソロが会場に炸裂。テンポに乗って観客はどんどんアガり続ける。ステージとフロアがガッチリ向き合ったままラストへと突入し、気持ち良い一体感を作り出して、しなまゆのステージは終了した。


_KYL2988.JPG_KYL2933.JPG_KYL2939.JPG_KYL2961.JPG_KYL3015.JPG


3番手の登場は「CASPA」。SEと共に登場するメンバー。後ろを向いてスタンバイすると、一気にフルパワーのサウンドと共にフロアに向かう。1曲目、アップテンポでポップな「Beautiful Dreamer」が始まると観客は即座にスイッチオン。腕上げ、声出し、そしてジャンプ、いや、その展開早いです。そんなお客さんの様子を知ってか知らずか、2曲目にハイテンポの「The End Of The World」を持って来ると、観客の腕の上げ速度と声出し速度がきっちり加速、手拍子も加速。どんな楽曲にも即座に対応する爆女祭のフロア。これ、本当に演奏している側は嬉しいと思う。だから皆さん、もっともっとやっちゃっていいと思う。そう感じた時、MCで「みんなのアツい声を聴けて、今めちゃテンション上がってます!」と語っていた。そして CASPAはガンガン攻める。リズムでグイグイと空気を引っ張り、さらに手数の多い楽器隊の演奏がその疾走感をさらに加速する。加えてフロアに相対するボーカルで会場にインパクトを届ける。なるほど、これが CASPAが作り出す世界なんだと身体で感じた。こんな世界が嫌いなはずがない爆女祭のお客さん。中盤以降、止まることなく身体を動かし続け、声を出し続ける。本当にすごい。爆女祭を作っているのは本当にあなた達なんだと感じた。そしてラスト「歌をうたえば」に突入、またもハイテンポのグルーヴが起こる会場で、観客はそのパワーをさらに上げ、全力コールを続ける。観客はハイテンションをずっと続け、最後まで走り抜けて、CASPAのステージは終了した。


_PKY9704.JPG_KYL3209.JPG_KYL3101.JPG_KYL3183.JPG_KYL3213.JPG


3日目のトリ前は主催「CREA」。今回の爆女祭でのステージは 3回目。彼女達の今日の挑戦は果たして何なのか。会場が暗転、いつもの CREAの SEが流れるとすぐに「REASON」のイントロへ。そして会場には、先ほど見せてくれたパワーをさらに上げたお客さんがいた。リズムに入った瞬間、狙っていたように一気に MAXの声とアクションで迎える観客。それはトリハダが立つほどのインパクトだった。2曲目はアカペラから入った「悪女なあの娘」。この日のこの曲のキレは一味違っていた。キメのブレイク後の戻りのインパクトが、会場の空気を一気に持っていくような迫力を持っていた。間髪を入れずに Ba.Hirokaのベースが炸裂し、「Flap×Slap!」へと続く。この日も Dr.Mikuのダブルバスが最高に気持ちいい。Gt.Aikoはクールに会場を見つめながらギターを奏でる(でも後半は笑顔だった)。裸足でステージに臨んだ Vo.Nakiは 3日目の疲れは全く見せず、フルパワーで叫び続ける。さらにノンストップで「ダリア」と続け、会場は待ってましたとばかりにタオルを回す。その回し方がまたブチキレているのである(褒め言葉です)。全速で突っ走ったこの日のステージは既にラストに突入。ラストは限界突破ソングの「GO+AHEAD」である。あぁ、ここでこれをやったら・・・と思った通り、会場はもはややりたい放題。全員で肩を組んだヘドバンは圧巻。最後の最後に頂点を見せた CREAとフロア。3日目の CREAの挑戦は終了した。


_KYL3431.JPG_KYL3355.JPG_KYL3385.JPG_KYL3427.JPG_KYL3371.JPG


そして 3日目のトリは「がんばれ!Victory」。SEと共に幕が開き、手拍子で迎える会場に登場するメンバー。一瞬の静寂の後、大迫力のハードサウンドを会場にお見舞いすると、いつものように「Wild Thing」で始まったがんばれ!Victoryのステージ。1曲目は「青春!ヒーロー」。観客も完全レディ状態。またもやスタート即全開で弾けていく。あなた達マジリスペクト。ステージに目を向けると、黄色いハッピを着た華やかなメンバーと、そこから繰り出されるゴリゴリのロックサウンド、そしてステージで見せる可愛らしいアクションには貫禄すら漂っていた。今日もがんビクちゃんの世界は完璧、そして会場のお客さん、あなた達も完璧でした。「WONDER JOURNEY」から自己紹介。その後、爆女祭でも変わらない、がんビクワールド全開のMCコーナーへ。6/10にメンバーの生誕祭、四大都市ツアーの告知を含めて和やかなMCで笑いを誘い、彼女達の世界にグッと引っ張られた観客であった。そしてここから彼女達は攻めに入る。5回の裏という感じ? 久し振りに演奏するという「青春ライフポップ」、そして早くも「次がラストの曲です!」と「ラリラリラ」へ。この曲のブレイクのソリッド感とぴったり合った息は、さすがである。観客も華やかに展開するステージに合わせて飛び跳ねながら腕を振り上げる。ステージは終了したが、会場からアンコールの声がかかり始める。再度登場した彼女達の最後の曲は「KGSD」。会場も最後の全力を出して声援を送る、というよりは叫んでいた。爆女祭のステージでもきっちり彼女達の世界で勝負し、観客の期待に応えてみせた「がんばれ!Victory」。これにはさすがの一言だった。


_PKY9893.JPG_KYL3648.JPG_KYL3723.JPG_KYL3532.JPG_PKY9924.JPG


爆女祭は毎回、毎日がそうだが、今日は特にフロアのお客さんの凄さを身を持って感じた日だった。あなた達は本当に「音楽」が好きで、「ライブ」が 好きで、「爆女祭」が好きなんだなと。そしてそのパワーを目の前にすると、こちらにも元気をもらえる、爆女祭はあなた達が主役なんだ、そんなことを感じた 3日目だった。明日は 4日目、明日もフロアの皆さんに期待!



Text: 大泉 繁
Photo: 山下 弘毅




「叫べ!爆女祭vol.2~目黒編~」3日目
2016年5月11日(水) 目黒鹿鳴館

みならいモンスター
01. 恋のムード
02. 夜
03. マリ
04. HAPPY END

しなまゆ
01. サタデーフライト
02. 恋をしている目をしている
03. ダンス社会人
04. Bambi
05. チャイニーカンフーセンセーション

CASPA
01. Beautiful Dreamer
02. The End Of The World
03. Sally
04. Good-Bye Sayonara
05. 歌をうたえば

CREA
01. REASON
02. 悪女なあの子
03. Flap×Slap!
04. ダリア
05. GO+AHEAD

がんばれ!Victory
01. 青春!ヒーロー
02. WONDER JOURNEY
03. 青春ライフポップ
04. ラリラリラ
05. KGSD





「叫べ!爆女祭 Vol.2~目黒編~」オフィシャルサイト
http://www.bakuonsai.com/
CREA
http://crea-music.com/pc/
がんばれ!Victory
https://ganbare-victory.com/
CASPA
http://www.caspa-band.com/
しなまゆ
http://shinamayu.com/
みならいモンスター
http://fbgqx631.wix.com/minarai-monster



2016年05月12日 23:00










URCHIN FARM


Play Da'魂

PAUL POSITION

赤い彗星の俺

OSSAN IS METAL

Facebookページ













(C)Copyright 2010-2016 MROCKS9